トップ > 関わった「エヴァ」について(レビューなど) > 「Cut 2010年1月号感想~鶴巻和哉インタビュー~」

Cut 2010年1月号感想~鶴巻和哉インタビュー~

  • このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク数
  • Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマーク数

「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とはなんだったのか。
2009年夏、日本を包んだ現象を監督自ら解き明かす。」と題して
鶴巻和哉さんのインタビューが掲載されています。

icon icon

※表紙写真はセブンネットショッピングの画像を使わせていただきます

前回のインタビュー(Cut2009年8月号)
「破」が出来るまでの裏話中心でしたが、
今回は鶴巻さんが感じた大ヒットの反響や
レイ・アスカについての話題です。

「破」は謎や伏線を盛り込んでいない、というけれど・・・?

まずは、「破」の大ヒットの要因を聞かれてのお答から。

謎また謎の展開で一度観ただけでは気づかないような
伏線や仕掛けをたくさん盛り込んでいたり、
あるいは、2回、3回と重ねて観ることでさらなる面白さが出てくるような、
そういう映画ではないと思うんです。
テレビシリーズの『エヴァンゲリオン』にはそういうところがあったし、
こちら側からも仕掛けを作っていた。
(中略)
画面の情報密度の高さや、ストーリー展開の速さはありますし、
そのわりに台詞や説明が親切なわけでもないので、
確かに一回観るだけで必要な情報の全てを吸収することは
難しいだろうとは思うんですよ。
そう考えれば、もう一回見たいっていうのはあり得ると思うけど。

「破」にはホントにリピーターが多かったらしいのですが、
鶴巻さんはどちらかというと謎解きの為に
観客は何度も来たわけでないのだろうという分析みたいですね。

でも、いやいやいや、そんなことないですよ~!(笑)。

確かに旧世紀版でいうと
まだ謎より使徒との戦いが壮絶な
第八話~第拾九話あたりが凝縮されているので
「小気味良いアクション映画」という印象がありましたし、
旧劇場版の難解さと比較すれば
わかりやすいストーリーの映画だとは思いますが、
それでも「破」だって謎・伏線・仕掛け、てんこ盛りじゃないですか~(笑)。

それに「破」初見時は怒涛の展開にただただ圧倒されてしまい、
とてもじゃないけど謎どころかアクションすら楽しむ余裕もなかったような・・・。
ただただ震え涙し、感想も「良かった良かった」としか言えないくらいで(笑)。

二度目でやっとアクションにワクワクしたり、
キャラクター達の青春ドラマにドキドキ出来たような気がします。

残念ながら映画館での鑑賞は二度目止まりなので、
謎や伏線のチェックの為の三度目はBlu-rayでするつもりですよっ。
そして絶対四度・五度と観続けるでしょう(笑)。

「破」を気持ちのいい映画にまで高めた総監督

周りの人から言われたのは、
『破』は観てると気持ちがいいんだろう、ということでしたね。
それは、たとえばシンジが前向きな行動をしたから気持ちがいいっていうことも
もちろんあるとは思うけれど、そういう単純なドラマの部分だけではなくて。
映像も、音楽、音響も含めて、映画館で『破』を観ている体験そのものに、
生理的な気持ちよさみたいなものがあったんだろうって。

確かに「破」は鑑賞後に爽快な気分になりました。
それはまず、
シンジくんを始めみんなが「誰かのそして何かの為に頑張って」いて、
そしてその想いが表情やセリフやアクションに現れて
小気味良かったからだと思います。

次にサントラを聴くだけで涙したくらい
「破」の楽曲が素晴らしかったことです。
旧世紀版でおなじみの曲はパワーアップしていたし、
「彼氏彼女の事情」の楽曲は時に陽気に時に切なくドラマを盛り上げていたし、
新曲「The Final Decision We All Must Take」は
「破」の壮絶さを感じさせ胸が熱くなりました。

私は詳しくは分かりませんでしたが
映像にも音響にもいっぱい工夫が凝らされていて、
まさに「サービス、サービスぅ♪」精神にあふれていたからですね。
ありがとうございます。

次に、先ほどのお話にあった
「破」を"気持ちの良い体験が出来る映画"に仕上げた
庵野さんの仕事振りについての話題に。

ドラマと映像の仕上がりを見て、
あと早めの段階でアフレコは済んでいたので、芝居の出来も考慮して、
音響に仕掛けを施せば、映画館で『破』を見ている体験が気持ちいい、
そういう映画にすることが可能かも?くらいのことは考えたのかもしれない。
(中略)
音響は、全体でいったら最後の10分の1くらいの工程なんだけれど、
ゴールまで、10分の9まできてるところでプランを変えるなんて
普通出来ないでしょう。でも庵野さんはそれができちゃう人なんですよ。
で、そこでまたクオリティアップができちゃう人なんです。

うーん(感心)、
庵野総監督の凄いこだわりぶりが良く伺えるお話です。

シナリオ・絵コンテなど構想の時点では考えていなかったことも、
制作が進むたびにアイデアを足したり引いたりして、
締め切りギリギリまで妥協しないで磨きあげて
最高の作品に仕上げていくんですね。

またそのこだわり振りに、
ずっとお近くでお仕事されてる鶴巻さんを始めスタッフの方々が
一緒に頑張っていらっしゃるのがさらに凄いです。

以前、
「CONTINUE Vol.47」での「ヱヴァ」女子スタッフ座談会
を読んだ時みたいに、
時間があったら全部「ヱヴァ」に心血を注ぎこむ
命懸けの部活状態のスタジオカラーがまた目に浮かびました。

変わる「ヱヴァ」、変わらない「ヱヴァ」

大変ながらも「破」で「ヱヴァ」を変えるという決意のもと創意工夫する一方で、
10年前とは変わっていない制作方針もあるようで・・・。

う~ん、でも、作り方がまったく変わったということもないんですよ。
10年前の『エヴァ』も、『補完計画って具体的には何が起こるの?』って
問題になっていたんです。
(中略)
企画の段階からいくつものアイデアが提示されていたにもかかわらず、
決めなかったわけで、庵野さんにも最後の最後まで粘って、
ぎりぎりポンで出すっていう、そういうやり方じゃないと
できないことだったんだろうと思うんです。

「ニュータイプ100%コレクション 新世紀エヴァンゲリオン」や
「エヴァンゲリオン・クロニクル」に掲載されている
テレビ放映に向けての企画書には、
スタッフの志や意図のほか
ラストまでの大まかなストーリーやキャラクター、世界観まで記述されています。

そこまで決め込んでいても
"ライブ感覚"で創り続けて
いろんな形のラスト=補完計画となりました。
でもその都度たくさんの思考錯誤と決断をしていたんですよね。

そういった結果なのか意図的なのか、
「エヴァ」の世界で起こった不可思議な現象や
登場人物の言動などの謎が十分明かされることはないけれど、
それもまた魅力的です。

「新劇場版」もまた10年前の様に創りながら決めていく方針、
というか「流れのままに」制作しているそうですね。

鑑賞者の私も「Q」「完結編」がどうなるかハラハラしていますが、
それ以上に現場の皆さんが緊張していると思います♪

レイとアスカへの想い

前回のインタビューではマリの話題がありましたが、
今回はレイとアスカについてのお話がありました。

『エヴァンゲリオン』のヒロイン誰?っていうと、
それはやっぱり綾波になるんだろうなあと思うんです。
その魅力の秘密が、
結局のところ、女性的ではないところだったのかもしれないけど、
でもやっぱり、前半から中盤の少女っぽかった
綾波レイの像あってのものだと思うんです。
後半に進むにしたがって、
そういう要素はどんどん捨て去られていくんだけれど、
やっぱり前半あっての綾波レイだよなあってぼくは思うんです。

私は、庵野総監督にとってのヒロインはミサトさんだと思います。
でも「エヴァ」の場合はヒロイン"達"っていうほうがいいような気もします。
容姿も設定も、みんな同じくらいに強い思い入れが出来ちゃうんですもの。

さて、「破」のレイは旧世紀版とは違う魅力がありました。
旧世紀版のレイ(二人目)は無垢でゲンドウさんに従順で、
でも言動は少ないながらもだんだん感情や意志が芽生えて
それが三人目へと受け継がれ、
巨大化したり崩壊したりしたけれど(泣)、
全てシンジくんの為に頑張ってました。

「破」のレイは旧世紀版のレイを彷彿とさせつつ
食事をし、食事を作り、手紙を書き、アスカにお礼の言葉が言えました。
そしてなんといっても「序」で覚えたシンジくんへの微笑みを
また見せてくれたことが嬉しかったです。

旧世紀版ではレイはゲンドウさん以外には一度しか微笑まなかったから、
本編以外のイラストなどで笑うレイは
ありえない存在で受け入れられませんでした。
でもレイはもうゲンドウさん以外に微笑む事が出来るんだ、と
「破」を観て気付きました。

レイの微笑みの希少価値は薄れてしまったかも知れないけれど、
私はレイの微笑みが大好きです、いっぱい笑って欲しいです。

ぼくはアスカファンなので(笑)
庵野総監督に、『Q』の予告で、
アスカを出してくれないと絶対にイヤだって言ったんです(笑)

そうですか、そうですか(笑)。鶴巻さんはアスカがお好きなんですね。
おかげで予告見てホッとしましたよ~。

アスカも旧世紀版とはまた違った魅力爆発ですよね。
単独で使徒を殲滅出来ましたし、明るいお色気もありましたし(笑)、
加持さんへのわだかまりがないぶん
シンジくんへの想いがストレートで健気でしたね。
金髪の色もキレイだし♪

アスカの今後にはホント、母さんハラハラしているんですよ。

鶴巻さんのロングインタビューには
もっともっと制作の裏側やレイ・アスカへの想いが語られています。
とっても興味深かったし、楽しく読ませていただきました♪

今後もインタビュー記事に期待しています。

関連記事(当記事も含む)

web拍手
にほんブログ村 アニメブログ 新世紀アニメへ
トラックバック(0)

トラックバック

※トラックバックはお預かりし確認させていただきます。承認後に公開いたします。

トラックバック URL:http://kboyu.net/mt/mt-tb.cgi/15

NINJA TOOLS※ポップアップ広告出ます

「新世紀エヴァンゲリオン」・「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のグッズ

「エヴァ」関連グッズ・ミニ情報

DVD・Blu-ray

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」

2010年5月26日発売

【Blu-ray版】

※上は、EVANGELION STORE へのバナーです

【DVD版】

公式資料

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 全記録全集」

2010年9月6日発売予定

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 全記録全集

※上は、Amazonへのバナーです

コミックス

「新世紀エヴァンゲリオン」12巻

2010年4月3日発売

※上は、EVANGELION STORE へのバナーです

画集

「貞本義行画集 CARMINE (通常版)」

2010年8月頃発売

※上は、EVANGELION STORE へのバナーです

雑誌

「エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 第40号」

2010年10月19日発売

※上は、雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jpへのバナーです

「エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 ストーリーファイル 1号」

2010年11月2日発売

※上は、雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jpへのバナーです

「エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版」取扱店の検索結果一覧

「エヴァンゲリオン・クロニクル新訂版」定期購読・取扱先

デアゴスティーニ・ジャパンエヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 トップページおよびエヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 特設ページ
※送料無料、中途解約可能、奇数号発売頃に2号まとめてお届け

雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jpエヴァンゲリオン・クロニクル新訂版 定期購読
※セット販売、一括払い、送料無料、中途解約不可能

「ヤングエース 2010年12月号」

2010年11月4日発売

※上は、Amazonへのバナーです

「ヤングエース」取扱店の検索結果一覧

カレンダー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 カレンダー2011

2010年10月下旬頃発売予定

※上は、EVANGELION STORE へのバナーです

かるた

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 エヴァかるた

2010年12月頃発売予定

※上は、EVANGELION STORE へのバナーです

フィギュア

※商品画像はEVANGELION STORE へのバナーです

G・E・Mシリーズ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 渚カヲル

2011年1月31日発売予定

フロイラインリボルテック No.021 式波・アスカ・ラングレー プラグスーツ版

2011年11月1日発売予定

フロイラインリボルテック No.020 真希波・マリ・イラストリアス 旧型プラグスーツ

2011年10月1日発売

パズル

※商品画像は、ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】 へのバナーです

パズルプチ2 エヴァンゲリオン 500ピース 綾波レイ

2010年10月24日発売

パズルプチ2 エヴァンゲリオン 500ピース 式波・アスカ・ラングレー

2010年10月24日発売

エヴァンゲリオン~二人のサンタ

特集・季節グッズ

「ポカポカして欲しい・・・」なグッズです。
※商品画像はEVANGELION STORE へのバナーです

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 フリースブランケットtype2

2010年10月下旬頃発売

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 着せ替えタンブラー

耐熱温度90度、耐冷温度マイナス30度

RADIO EVA 049 【NECK WARMER ”SIGNAL”】(ネックウォーマー)

パープル×ライトグリーンとレッド×イエローの2種

ネルフ制式レギュラーコーヒー

12gコーヒー(粉)×10、ペーパードリッパー×10、特製ボックス入り ※NERVマグカップは付属しません。

EVANGELION STORE オフィシャル版 SEELEマグカップ(GOLD)

2010年11月中旬頃

EVANGELION STORE オフィシャル版 新NERV マグカップ(新劇場版・白)

当ブログについて

「新世紀エヴァンゲリオン」、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の個人的なファンサイトです。
万全を考慮し運営しておりますが、ブログ内の不備を見かけた場合はどうぞご連絡ください。

バナーを用意しました。当ブログにリンクを貼る際ご利用ください。相互リンク歓迎です。

Powered by Movable Type 5.02

セブンネットショッピング
Ponta&LAWSONネットショッピング【PC・携帯兼用】
TSUTAYA online

関わった「エヴァ」のリスト

考察の“基礎”になっている、私が観た・読んだ「エヴァ」関連のリストです。
(※リンクのあるタイトルは、ブログ内の感想ページにリンクしています。)

アニメーション

「新世紀エヴァンゲリオン」

(テレビ・LD・DVD)
全てはここからでした。

「シト新生」
「DEATH(TRUE)2」

(映画・DVD)
総集編の様でいても追加シーンや「DEATH」のみのシーンを含んでいて油断できません。
※2の本当の表記は“括弧二乗”の様になります。

「Air / まごころを、君に」

(映画・LD・DVD)
劇場で観終わった後は色々考える日々が続き二度目を見れませんでしたが、 今では落ち着いて観ることが出来るようになりました。

日テレ限定 新世紀エヴァンゲリオンDVDボックス

※上は、日テレShop (Yahoo!ショッピング内)へのバナーです

新世紀エヴァンゲリオン

※上は、バンダイチャンネルへのバナーです

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 1.0 / 1.01 / 1.11」

(映画・DVD)
再び「エヴァ」から感動とナゾと、“違う結末への予感”をもらいました。 「1.11」版が最初から上映されていたら良かったのに・・・と思います。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 2.0 / 2.22」

(映画)
観終わっての率直な感想は、「良かった・・・ホントにホントに良かった・・・。シンジくん、頑張ったね・・・(涙)。」でした。劇場を出てもしばらく感動でプルプル震えていました。アクション、ドラマ、音楽みな素晴らしく全編サービス満点で、胸いっぱいになりました。Blu-ray&DVD版では映像や音響を修正しさらに新カットも加え、より洗練された作品になりました。

コミックス

「新世紀 エヴァンゲリオン」

(Volume1~11)
アニメ版とは微妙に違う、貞本さんの独自解釈で描かれるキャラクターの性格や物語は、アニメ版が全て完結した後も「謎の解明」と「別の結末への可能性」を期待させてくれます。終局まで不定期な連載とコミックスをずっと追いかけていきます。

書籍

「新世紀エヴァンゲリオン フィルムブック」

(ニュータイプフィルムブック)
テレビ放送やLDを鑑賞する時には常に傍らに置いて、写真でシーンを隅々まで観察したり設定やセリフなど細かい解説を丸暗記する勢いで何度も読みました。オンエア版に沿った「フィルムブック 1~9」と、旧劇場版に沿った「劇場版 DEATH / Air / まごころを、君に」の3冊、改正されたビデオフォーマット版も含めて再編集された「Remix1~3」とがあります。

「新世紀エヴァンゲリオン」

(ニュータイプ100%コレクション)

「エヴァンゲリオン・クロニクル」

旧シリーズは申し訳ないことに№30(ユイさんがらみの号)しか持っていません。でもユイさんについて資料が増えたのでとてもありがたかったです。

そして新訂版創刊のおかげでコンプリートのチャンスが出来ました。追加予定の「新劇場版」に関する31巻以降も楽しみです。素敵な設定画とあわせたキャラクターの詳しい解説が書かれた「Character Sheet」と、まだまだ知らなかった「エヴァ」の世界の出来事が書かれた年表「Timeline Sheet」、完全な解明にはなかなか至らないけれどかなり内容が濃くて物量がある「Extra Sheet」用語辞典に注目して読んでいます。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 ENTRY FILE 1」

「新世紀エヴァンゲリオン」の謎本

公式設定や映像から読みとった独自の考察から、学問・宗教・SFに関する用語の解説まで、「エヴァ」の謎本はとても面白い読み物で勉強にもなります。本編で明かされない謎があまりにも多いので、「~らしい」とか「~定かではない」とかで締めくくる(しかない?)文章が健気です。とりわけ「まごころを、君に」の考察と、科学用語の解説が参考になっています。(1997年の大ブーム当時にもっと数冊買い込んだのですが行方不明に・・・。近年購入したものを撮影しました)

2001年に第1版、そして2007年には「新版」として発行されてきた「エヴァンゲリオン解読 そして夢の続き」(北村正裕・著、静山社・刊)が、さらに加筆修正を加え「完本」として文庫本になります。丁寧な文章でとても面白く、特に「まごころを、君に」のラストの解釈やレイの謎についての考察がすごく参考になりました。おすすめします。
2010年5月7日発売予定
(著者・北村正裕さんのサイト「童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋」)

「EVANGELION」を音楽で楽しむ

「エヴァ」及び「ヱヴァ」は音楽も素晴らしいです。OP・ED・映画主題歌からBGMやクラッシックの名曲に至るまで徹底的に凝った楽曲が使用されています。
CDのサントラも多数買い揃えましたが、最近ではダウンロード販売で1曲単位で購入しマイリストを作成しています。(ただし一部楽曲は対象外。歌詞やライナーノーツも無いのでご注意。)
耳で楽しむ「ヱヴァ」もおすすめします。

アルバム

※ジャケット写真はAmazonへのバナーです。

「NEON GENESIS EVANGELION」

NEON GENESIS EVANGELION

「NEON GENESIS EVANGELION 2」

NEON GENESIS EVANGELION 2

「NEON GENESIS EVANGELION 3」

NEON GENESIS EVANGELION 3

「NEON GENESIS EVANGELION ADDITION」

NEON GENESIS EVANGELION ADDITION

「EVANGELION:DEATH」

「エヴァンゲリオン:DEATH」オリジナル・サウンドトラック

「THE END OF EVANGELION 」

THE END OF EVANGELION ― 新世紀エヴァンゲリオン 劇場版

「EVANGERION THE BIRTHDAY OF Rei」

エヴァンゲリオン THE BIRTHDAY OF Rei AYANAMI

「Refrain of Evangelion 」

Refrain of EVANGELION

「Shiro SAGISU Music from "EVANGELION: 1.0 YOU ARE (NOT) ALONE"」

Shiro SAGISU Music from“EVANGELION:1.0 YOU ARE(NOT)ALONE”

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナル サウンドトラック SPECIAL EDITION」

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION

「ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版 EVANGELION WIND SYMPHONY 其の2」

ヱヴァンゲリヲン新吹奏楽版 其の2

リンク集

「エヴァ」関連

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」公式サイト

特報・予告映像や関連ニュースなど満載。スタッフブログも裏方さんのお話が読めて面白いです♪

「ヤングエース」公式ページ

漫画版「新世紀エヴァンゲリオン」が連載されている月刊誌です。連載作品の紹介やコミックス情報などがチェックできます。

EVANGELION STORE

ガイナックス通信販売による、「エヴァ」グッズ専門店です。DVD・コミック・フィギュアなどの定番グッズからアクセサリー・シャツなどファッションアイテムまで豊富な品ぞろえです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 Blu-ray&DVD発売記念 エヴァンゲリオンキャンペーン

2010年4月27日にスタートするローソンのキャンペーン。オリジナルのiPhoneアプリで初号機を疑似体験したり、Loppiのスタンプラリーやローソンオリジナルアスカフィギュア懸賞などなど「ヱヴァ:破」祭りです!

UCC 人類補缶計画

「ヱヴァ」と共に補缶計画は進行中。

ヱヴァンゲリヲン特集2010

Yahoo!Japanで開催されている、破 2.22 Blu-ray&DVD発売記念企画です。実物大エヴァ計画や「2.22」プロモーション映像、Yahoo!限定「エヴァ」iPhoneアプリなどなど、5月26日の発売まで「ヱヴァ」祭りを楽しみましょう♪

ヱヴァンゲリヲン特集2009

Yahoo!Japanで開催されていたお祭り企画です。「破」の特典映像やトラックバック応援バナーなど、みんなで「エヴァ」を楽しみました♪(掲載期間5月27日~8月31日)

一番くじ公式ページ

1回500円で出来るキャラクター商品のくじ引きです。全国のコンビニなどで購入できます。

EvaLink(エヴァリンク)

「エヴァ」関連のまとめサイトです。イラスト・小説・感想などカテゴリーが豊富で、「エヴァ」のサイトや情報探しに便利です♪

みんなのエヴァンゲリオン(ヱヴァ)ファン

「エヴァ」ファンの「しんじん」さんによる「エヴァ」情報サイトです。グッズ・イベント情報が豊富で、とにかく速いです。いつも参考にさせていただいています。

名作ゲームどっとこむ

管理人ナオさんと管理犬タロヤンによるゲーム情報サイトです。「エヴァ」のゲームの解説や動画、あります♪ちなみに「エヴァ」ファンの記事作成者による、ゲームメーカーや著名人の方々を「エヴァ」風に綴るコーナーは密度濃いです。

管理人・自己紹介

サイトマップ

お問い合わせフォーム

お世話になっているサイト

「エヴァ」関連グッズ・ミニ情報(左サイド内)

Copyright © 2009-2013  ユイさんのこと、を想う All right reserved.